​セカンダリーとは

Secondary Market

セカンダリーマーケットとは、「過去に販売した作品を、持ち主の方から預かって再度販売する市場」を指します。
古い作品というと未熟なイメージを持たれるかもしれませんが、オークションでは昔の作品ほど売れやすいと言われています。また、必要に応じて加筆してより良い作品にしているものもございます。
日本ではセカンダリーマーケットが発展していないため、絵は買ったらおしまい、部屋をにぎやかにしてくれる・生活環境が良くなるけれど物理的な利益は大してないという意見もあります。しかし、欧米では絵は買った絵をセカンダリーでまた売れるので投資の対象にもなるのです。一度売れたということは価値がある程度保証されているということでもあります。
実例として、こちらの作品は最初に購入されてから1年後、別のお客様にお買い上げいただきました。

132279354_1097594017329409_1667382581827